直腸がんに関連するおススメの記事

スーツの人

直腸がんを予防する

あなたの普段の食事は、肉類を多く摂取するものとなっていませんか?食事で肉を多く摂ることで、直腸がんのリスクを高めてしまうのです。ここでは直腸がんを予防するポイントをお教えします。

READ MORE

大腸がんを引き起こしてしまう原因BEST5

no.1

喫煙をすること

喫煙をすることで、直腸がんになってしまうリスクを多く引き上げてしまうと言われています。統計では喫煙をする人と喫煙をしない人では、たばこを吸う人は6倍以上も直腸がんとなるリスクを抱えていると言われているのです。喫煙をすることで、大腸以外の臓器もがんになるリスクが高まってしまうと言われています。そのため、喫煙をしている人ががんのリスクを下げるためには、第一に禁煙を行うことが必要となるでしょう。

no.2

大量のお酒を飲むこと

日常的に大量のお酒を飲むような人は、直腸がんとなってしまう危険が非常に高いものです。特に日本人の体質はアルコールに弱いと言われています。アルコールの悪影響を大きく受けてしまうがために、直腸がんといった疾患を招いてしまうのです。過剰な飲酒はがんを引き起こす可能性を高めてしまうものですから、お酒を飲む時は適量を心がけることが大切となります。

no.3

食生活の乱れ

食生活が乱れてしまっていることが、直腸がんの原因を作り出していることがあります。特に欧米の食事を摂りすぎることによって、そのリスクを高めてしまうと言えるでしょう。具体的にどのような食事が直腸がんを招いてしまうのかと言うと、肉といったタンパク質が中心となっている、脂質が多いような食事内容となります。高カロリーな食事は消化するために長い時間を要するものですから、直腸がんとなるリスクをそれだけ高めてしまうこととなるのです。

no.4

肥満傾向にあること

肥満傾向にある方は、直腸がんになってしまう可能性も高くなっていると言われています。特に肥満と直腸がんとの関係が大きいと言えるのは、男性となっています。そのため男性が直腸がんといった疾患を予防するためには、ダイエットを行って肥満から脱却する必要があるでしょう。目安としては、BMIは26以下にすることが望ましいと言えます。BMIの数値がこれ以上になってしまうことで、直腸がんのリスクが非常に高まってしまうのです。

no.5

身内に直腸がん患者がいる

直腸がんの発症には遺伝が関係していることもあります。直腸がんは悪性のポリープが大腸に発生することで発症してしまいますが、このポリープが発生しやすい人が存在しているのです。ポリープが発生しやすい人は、遺伝の影響が非常に大きいと言われています。したがって、身内に直腸がん・大腸がんなどを発症した人がいる場合は、自分にも発症する可能性があるという事を理解しておくべきでしょう。

[PR]

直腸がんの治療には免疫療法がイチオシ!
症状に合った治療プランを専門医が提供

浦安で夜間診療をしているクリニック
仕事帰りでも気軽に受診可能

がん治療は東京のクリニックで!
体に負担が掛からないから安心

直腸がんとは?

病院

大腸がんの分類になる

直腸がんとは、大腸がんに分類されるがんとなっています。大腸がんのうちの約半分程度が直腸がんであると言われています。大腸がんを発症すると、死亡してしまうようなリスクも高いものです。特に女性が発症してしまうがんで最も死亡率が高いとされているのが、大腸がんとなっているのです。大腸がん・直腸がんの患者は増加傾向にあり、その理由として挙げられるのが食事の変化と言われています。

治療方法とは

治療として必要となってくるのが、手術によって腫瘍を取り除くということとなります。もしも直腸がんの腫瘍が小さい場合には、内視鏡を用いて腫瘍を除去することとなるでしょう。腫瘍が大きな場合には、より大掛かりな手術を行っていく必要があります。そして、手術を行った後再発を防ぐために、抗がん剤を用いた治療も行われることとなります。

直腸がんを防ぐために

直腸がんを防ぐためには、その原因の知識を深めていくことが大切となります。大腸がんは発症してしまうと完治させることが困難となる場合もあるため、発症させないことが非常に大切となってくるのです。

[PR]

広告募集中