直腸がんを予防する

スーツの人

直腸がんを発症しないために気を付けること

直腸がんが発症してしまう大きな原因として挙げられるのが、食生活や生活習慣となるものです。そのため、直腸がんは日常の心がけ次第で予防することが出来る病気であると言えるでしょう。これからも健康を維持し続けるためにも、生活習慣や食生活の見直しを行う必要があるのです。次の項目では、具体的に改善させるポイントについて触れていきます。ポイントをおさえ、習慣を改善させるだけでも直腸がんのリスクを大幅に減らすことが出来るでしょう。

直腸がんを防ぐ食事のポイント

1.野菜を中心とした食事にすること
野菜に含まれる成分には、がんが発生してしまう働きを抑えるような作用があるものです。そのため直腸がんを予防するためには、普段の食事を野菜中心のものとする必要があるでしょう。
2.加工された肉を控える
ソーセージやベーコンといった加工された肉を摂取することで、直腸がんといったリスクが高くなってしまいます。加工肉のみならず、肉を過剰に摂取することで直腸がんの原因を作ってしまう事もあるでしょう。
3.アルコールを控える
アルコールには発がん性物質の働きを助長してしまうような作用があるものです。したがってアルコールを過剰に摂取することは控えることが望ましいでしょう。

直腸がんを疑うべき症状BEST3

no.1

出血が見られる

直腸がんが発症した際の症状として、肛門から出血が見られることがあります。排便する際に出血した場合には、直腸がんを疑ってみる必要があるのです。肛門から出血する時は痔であるような場合も勿論あります。しかし目に見えて出血している場合には、身体に大きな異常が発生しているサインとなっているものです。そのため単なる痔だろうと判断することは、とても危険な行為となります。肛門から出血が認められた場合には、速やかに医療機関で受診するようにしましょう。

no.2

貧血の症状がある

肛門から出血していたとしても、中には気が付かないという方もいらっしゃいます。直腸がんを発症した際には、微量の出血を起こすことも多いからです。微量であるために、自分自身では出血している事に気付かないケースがあります。しかし、出血に伴う別の症状が発生してしまうものです。それが貧血の症状となります。貧血の症状として挙げられるのが、立ちくらみや身体のだるさ、ふらふらする、顔色が悪くなるといった事が挙げられるでしょう。特に血液検査を行った時に注目したいのが、ヘモグロビンとヘマトクリットの数値となります。この数値が急激に低くなったという際には、直腸がんの可能性を疑ってみましょう。

no.3

できものが発生する

排便する際に注目したいのが、便の太さとなります。便が異様に細くなったという方がいるのであれば、要注意となります。直腸がんが進行してしまうと、直腸にできものが発生してしまうものです。できものによって排便するさいの出口が狭まってしまうために、便の形状が細いものとなってしまうのです。肛門が狭まってしまうことによって、便秘を引き起こしてしまう事もあります。そのため直腸がんかどうかをチェックするためには、便の状態を日々確認していくことが大切となるでしょう。異常を感じたときには、早めに病院に行くといった心がけが非常に大切となるのです。

広告募集中